Orange County – San Francisco – Seattle 2003/10/23 オレンジカウンティ-サンフランシスコ-シアトル

 7時に起きてオレンジカウンティ空港に向かう。オレンジカウンティじゃなくて
JFK(絶対間違ってる)空港とかいう別名前もあるらしい。
 レンタカーを空港で返却。、
 チケットカウンターでなんかチケットを渡してもらえず、聞いたら渡してくれる。
そのごセキュリティチェックをして中に入って店を見ていると、放送でどうも自分の名前を呼んでいる。
注意深く聞くとチケットカウンターに戻れとのこと。
そこらへんにいた空港警備のおじさんに戻れって言われてるんだけど、と言うと
んじゃそこ通って、ということでカウンターに戻る。
 NARU。忘れていた。スーツケースの鍵を開けておくのを。
アメリカは結構セキュリティに厳重になっていて、スーツケースその他預ける物は完全に開けるのだ。
なので預けた荷物に鍵をかけないようにしないと、鍵が壊されることがあるという。
というわけで紆余曲折の末、鍵を渡し鍵を返してもらう。もう一度セキュリティチェックを受けてDeperture
ロビーに行くと、みんなが僕を捜していた。すぐ戻れると思って誰にも言わずに勝手に行ってしまったためだ。
すみません。sorry。

 サンフランシスコに着いて、ここで戸部さんとお別れ。
残り3人はインテルのセントリーノの宣伝スペースで無線LANのインターネットをして、
いつのまにか戸部さんはいなくなる。ホットドックを食べて、
飛行機に乗ってシアトルへ。さっきは1時間、今回は2時間のフライト。合計2時間くらい眠ったと思う。
 さて、シアトルに着くと、まずまわりの人間の恰好が全然違う。今まではTシャツ一枚だったのが
ここではマフラーが標準。で寒い。
 いつの間にかGAPのパーカーを無くしていたので着る物がない。
地球のある方でみつけたホステルに行くことにして、バスでダウンタウンに向かう。
結構寒い。バスの中ではエチオピアから来たという黒人と少し話す。
 バスはトンネルを通り、中心部へ。階段をあがると本当にシアトルの中心部で、ホステルもすぐみつかった。
店は多いし結構好き。

 ホステルは部屋に2段ベッドがたくさんあって、知らない人も入ってくるかもしれない。
 まわりはビジネス街みたいな感じ。ベッドの下のロッカーとも言えない物入れに貴重品を入れて、
鍵がないので隣の無愛想な中国人の経営するコンビニみたいなところで南京鍵を買う。
歩いてすぐのGAPでセーターと靴下を買う。Subwayで野菜豊富なサンドイッチを食べ、
スタバでhotチョコレート。スタバみたいなシアトルスタイルのカフェはここが発祥らしいよ。
後で調べたらここがスタバ1号店だったらしい。暖炉あったしな。
 ということで部屋には机も何もないので今は共同のスペースで日記を書いている。世界各国の学生風の人が
15人くらいいるだろうか。ふう。
 フリーででDSLのインターネット(Lindows!)が楽しめる分、部屋に電話回線がないので自分のパソコンでは送れない。
ふう。

University of California Irvine 2003/10/22 UCアーバイン

 hello.
さて、今日は少し休憩。と言ってもそうでもない。7時ごろ疲れているのにおきて、
やっぱり体がだるい。そのまま寝ずに10時ごろまで部屋で踊ったりもうわけわからない。
NewPortBeachに向かい、一瞬ビーチに降り立ち3分間フェリーに乗り、
ハイテンションでUniversity of California Irvineに。
道中はみんなでJunior Senior/Move your feetの大合唱。
あとミッキーマウスごっことか。ハァイ!

 everybody! move your feet and feel united!
大学は大学!という感じで、歴史が浅いらしくとてもきれい。
土地柄のせいらしいがものすごくアジア系が多い。
7割くらいアジア系?中国なのか韓国なのか日本なのかわからない。でも2世とかそんな感じらしい。

 学食でピザとスープを飲み、マリア先生に会いに行く。
この人は電通にいたことがあり日本語ぺらぺら。そしてナノシステムの研究の案内などをしてもらったが
superSpeeeeeeeedで話され3割くらいしか意味不明。英語の聞き取りは出来る方だが、
単語力のなさ+専門用語をしらなすぎて(日本語含む)駄目駄目。
てか日本語で聞いても6割くらいしかわからなかっただろうけど。toohard
マリア先生は共同で2億ドルの研究費を州からもらったとかもうほとんど意味不明。
設備もいいしレベルの違いを感じる。
てか日本の大学ももっと学部間の交流っていうか共同研究をするべきなんだよね。まじで。
2億ドルだぜ。教授がPhD雇ってるんだよ。ありえないよね。ふう。

 宿に帰らず、L.A.中心部へ。ハリウッドサインは見なくてはということで向かう。
混雑+6車線+首都高並みの分岐点の多さでわけわからず、いつのまにかダウンタウンを通過。
ハリウッドサインが見える場所についたころには日が暮れて、ライトアップされていないサインはほぼ真っ暗。
肉眼では確認だが写真では無理。ものすごく騒ぎながらドライブ。ビデオに撮る。
その後ハリウッドっぽいカフェというか若干高級レストランで夕飯。
運転したがもうほんとわかりにくい。慣れたけど。
super腹一杯で 今モーテルに帰ってきたところ。

Las Vegas – Los Angeles 2003/10/21 ラスベガス-ロス

2003/10/21
 朝8時、げっそりして帰ってきた博士課程の人が話したのはなんと1300$くらいのぼったくり。
以下略。

 眠い目をこすりラスベガスを出発。疲れがたまっていて起きても爽快さがない。
また300milesの旅。途中TacoBellに寄って不味いタコスを朝食に、LAを目指す。
道中はしりとり。
 LAまで30kmくらいの位置にあるカルフォルニア州立アーバイン大学に明日行くため、
近くのトラベロッジ(モーテルのチェーン)にチェックイン。15時頃到着。
オレンジカウンティという空港が近くにあって、そこから飛行機が飛び立っている。明後日ここから移動する。
L.A.には行ってみたいが時間的に足りない気配。ハリウッドとか行ってみたかったんだけど。まあいいか。
ちなみにUCLAってよく聞くけど、univercity of California Los Angelsなわけだ。で明日行くのはUC Irvineだな。

 荷物を置いて、車で15分くらいのラグナ・ビーチへ。(これ前に読んだ本「ラグナ・ビート」でここが舞台だった)
海は冷たいけど水着持ってくれば良かった。南仏のような雰囲気。
 日に焼けて、ハーゲンダッツのアイスをたべて(チョコミントがあった!!!!)帰る。
車、路肩にぶつけた。やべ。途中でVirginメガストアに寄る。薬屋で1ガロン(4リットル?)の水とかを買ってモーテルへ。
メガストアで買ったJunior Senior/Move your feetにかなりはまる。
CDエキストラでビデオもついていてご機嫌。

 sweetBasilっていうイタリア料理を出しそうなレストランがすぐ近くにあり、そこで夕飯。トマトがすっぱい。
なんかもう疲れ切った。

Grand Canyon – Las Vegas 2003/10/20 グランドキャニオン-ラスベガス

 Williamsのモーテル6からFreewayを飛ばしてまたラスベガスに。300mileくらい?500km弱。
移動中は5文字しりとり。このスリルはやってみないとわからない。みんな大興奮。
ルールはカーナビがしゃべるまで。approaching left turn!
50km200kmくらい平気でしゃべらないので曲がり角に近づくとハイテンション。
ちなみに戸部さん10、淵脇さん11、井上4、三住さん3の負け。
最後は白熱しみんな汗を大量にかくほどだった。

 飛行機から一番目立っていた350mの高さのストラスフィアタワーのホテルに宿泊。
4人で80ドルとかなり安い。23階で眺めもいい。
 ここの目玉は地上320mくらいにあると思われるジェットコースターとフリーフォール。
どういう育ち方をすればこんなアトラクションが思いつくのか全く見当も付かない。
 これのチケットを今から買いに行く予定。
showとかも見たいんだけどホテルの値段に比べて結構高いし、どれをみればよいのやらよくわからない。うむむ。どうするか。
 結局部屋で一人ぐだぐだ。みんなどこかに行った。
牛乳を探しに行くが売ってない。
勝手に屋上に出てみると使われてないプールと綺麗な夜景が。
KENOで50ドル使ってみる。10ドルまで減って、おいおい5000円損かよ、と思うもそこから
回復して47.5ドルに戻る。-2.5$。へもいけどすでに200$以上すっている博士課程の人を見るとあんまり
のめり込むのもいただけない。ところが!三住さんが150$GET。すげえ。さすが。
 ジェットコースターはtempolary closedでフリーフォールだけ体験。
やばい高い。ラスベガスの夜景がすごい。ホテルはみなライトアップしているし、
街は格子状に広がり灯りが地平線に向かってvanishしている。
 今は部屋に戻ってきた。なんと博士課程の人が別に部屋を借りていた!
女の人をGETするらしい・・・・・・・・・・色々話していたがまさかそこまでするとは。

Las Vegas – Grand Canyon 2003/10/19 ラスベガス-グランドキャニオン

 日付がずれているのでここらへんで修正。
18日の日記を書き終えてシャワーを浴びて、また寝る。
8時頃起きて昨日買った食材で朝ご飯。
ネットワークに一度もつながってないし国際電話もよくわからなくてかけられず。
フロントのインド人風のおじさんが近くの図書館で出来ると昨日言ってたので、
図書館の場所を聞くも日曜なのでやってないとのこと。連絡が取れない。

モーテルを出て、グランドキャニオンを目指す。 運転は交代で。
 あいかわらず景色が壮大で、ラスベガスから来たネバダ州に比べるとこのアリゾナは草が増えている。
だんだん木も増えて、レゴの木みたいにぽつぽつ生えている。景色の壮大さに慣れたころグランドキャニオンに到着。
慣れてしまったせいかそれほど感激しない。ただ、でも恐ろしいほど広い。大きい。下の方にコロラド川がちらっと
見える。ハンググライダーとかで飛んでみたい。ものすごい崖。
途中から国立公園内らしく、マイカー規制でGasの車にのられてViewPointをまわる。
 とても暑く、結構日焼けしたと思う。日本人には一組もあわなかった。車で行こうとするのも珍しいだろうし
時期的にもいないのだろう。崖を降りて観光客から離れ、静かな場所で座っているとすごく気分が良かった。
勝手に来てしまったのでみんなとはぐれるなあと思いながらも10分くらいそこにいた。
上の方からみんなの声が聞こえてきたので大声で呼んで、集合。石を崖の下に投げたりして遊ぶ。

 グランドキャニオンにも飽きて、また車でモーテル6戻る。
帰りの車の中では適当な英語で会話。ハイテンションだ。
ちなみに、モーテルはイメージと違って綺麗だし
部屋は広いし安いしとても便利。そしていくらでも道沿いにある。
フロントのインド人風の英語がなまりすぎて聞き取りにくいけど。

横のSafewayというスーパーでまた食材を買って、ぶらぶらする。
 夜はものすごく寒い。適当にレストランへ。ベジタリアン向けのサラダみたいなものっていうかTacoサラダ
を頼んだが (でも肉あり)肉がとても辛くてやばかった。Tboneステーキにすればよかった。
 家に電話して海外ローミングサービスに加入してもらう。
9時くらいだったと思うが眠くて寝てしまった。今は起きて20日の0時くらい。日本は20日16時。
 ニュースとメールチェックをした。もう一度メールチェックして眠ろう。これもupするか。

Las Vegas 2003/10/18 ラスベガス

 今は現地時間の朝六時。
昨日は長かった。飛行機は実はぎりぎりで、乗ったらすぐに出発。2時間あまりでラスベガスに。
飛行機からも有名なホテルは見えて、本当に砂漠の中にいきなり建っている。
街自体がどんどん大きくなっているようで郊外は開発ラッシュの様子。

 飛行機から出て、荷物受け取りカウンターに行くと上から声が。
うまいことみつけてくれたよう。
 眠いながらそのままストリップ通りへ。車(右側通行怖い)をとめて
早速観光。カジノめぐり。
 ガイドブックもなにも持っていないし全員予備知識無し。
ほんと適当だ。ひより気味の僕は3ドルの損、博士課程の人は100ドルあまりの損。
その他みな損。
てかあれだよ。確率っていうか期待値計算しちゃだめなんだけど
しちゃうし。ひよって5セントの台とかでやるんだけど、
例えば2ドルかけて、4ドルになったとするんだけど
その4ドルが全部5セントで帰ってくるから、80枚のコインになるわけ。
そうするとコイン財布に入れられないしどんどん入れて、結局無くなる。
いやああの心理おもしろいよ。どんどん大きく掛けたくなる。(つっても3ドルしか損してないところから
想像でやめてるんだけどな!)
 
 宿泊先はユースホステル。初。なんかぼろアパートみたいな感じ。この前テレビでやってたbeach。あれみたいな感じ。
朝4時から8人くらいでプール入って騒いでるし夜は音楽がんがんだし
まあ時差ぼけで眠れない。眠い。眠い。

ラスベガスのサーカスサーカスでで朝ご飯バフェを食べ、初の運転。
ちょっと距離のあるアウトレットモールへ。中心部をはずれるともう周りには何もなく、
ひたすらまっすぐな道。
 グランドキャニオンを目指す。Horizon Drっていうのがあるくらいで
首位は地平線か山。地形が時々かわるが基本的には気がまばらな砂漠。
そして、ディズニーランドのスプラッシュマウンテン?の山というか岩そのもの。
途中フーバーダムを見て、ひたすらドライブ。一般道だけど100mphくらいまで出せる(160km/h)
 グランドキャニオンまでは行けないので手前の街でMotel 6(チェーンでたくさんある。空港で勝手にかかれた奴)にcheckin。
ヤフーの海外ローミングサービスに挑戦するもなんか登録してなかったっぽい・・・

 スーパーで朝ご飯を買う。もうここらへんで眠さは限界。ほとんど寝てないし。
PizzaHat(おいしい)でsupuremeサイズのピザを今井4人で夕飯としてたべ、
微妙に足りないので追加オーダー。その間に完全に寝ていた。レストランで熟睡したのは初めての体験。
モーテルに戻り速攻で眠る。
何時だったのかとかもおぼえていない。
今はまた朝の5時頃。たぶん。なんていうか、アメリカのどこの時間なのかわからないのだ。

Ikebukuro – Lav Vegas 2003/10/17 池袋-ラスベガス

 9時に起き、用意をして、CLIEを買いに池袋へ。
昨日妹に電子辞書を借りようとしたら、相当頻繁に使っているようで
持っていくなら新しいのを買う!とのこと。
それじゃあ値段もあんまり変わらないPDAを買って持っていこうという
結論に達し、ほとんど調査も無しに買う。ついでに辞書ソフトも。
というわけで成田に行く電車内で説明書を読む。
なんかこういう、電機製品買って説明書を開いたのは久しぶり。
いつも見ないで使う。

 結構おもしろい。PDA。電子辞書と思って買ったらね。
スケジュール・memo・アドレスあたりは携帯と同じだが、
このグラフィティっていう入力方法。慣れると相当速そうだ。
 成田空港ではコンセントを勝手に使って充電。パソコンからソフトを転送。
おもしろー。ということで飛行機の中でもPDAをいじっている。
 夕方に乗ったのはたぶん初めてで、成田から夜景がきれいだった。
だいぶ乱気流で、窓をあけたら飛行機自身のライトが雲に反射していた。
おちついてからの窓の外は星。

 アメリカ大陸は本当に広い。平地と山地がくっきりわかれていて、
道が直線。待ちは区画整理されて似たような家が並んでいた。

 なんか映画はいまいちだった。ファインディングネモは英語だけで途中で寝てしまったし
イタリアンジョブ(ミニミニ大作戦)は途中から見たし、もう一個も途中から。
眠かったけどあまり眠れずロスに到着。
 ロスではまず入国審査で止められる。滞在先を書かなかったから。
だって決まってないんですようとか言ってると、でも書かないとなのよとのこと。
適当に、友達が先に言っててモーテルに泊まるですけど、と言うと
じゃあモーテル6ねとか言って(よくわかってない)滞在先モーテル・シックスに決定。

 乗り継ぎなのに空港から出なくてはならなくていきなり変な寄付のに絡まれる。
警察から依頼されて、孤児のために云々。乗り換え先を教えてもらったため
(建物から出て少しわかりにくい・・)、ドル持ってないんだよ、(持ってるけど)コインならあるよ
とチップと思って適当に100円分くらいわたす。けぇ。

ということで今は日本では18日の3時くらいなわけだが、
PDAとパソコンを充電しながらラスベガスのフライトを待っている。はらへったけどこのままいくか。OK。

逃げられるうちに逃げとけよ